株式会社アウトソーシング
100-0005
東京都
千代田区
丸の内1-8-3

経営理念

労働格差をなくし、生き甲斐が持てる職場を創出することで、世界の人々の人生を豊かにする。


代表取締役会長兼社長
土井 春彦

当社は2020年8月に経営理念を一新いたしました。

普通、企業が経営理念を変えるということは稀ですが、旧経営理念は1997年の創業当時、日本国内だけで、しかも製造業だけを対象に事業をおこなっており、その事業の枠の中の経営理念であり、今のわれわれの姿を想定したものではありませんでした。

現時点で、アウトソーシンググループは世界34の国と地域に198の連結会社があり、このグローバル体制は今後さらに強化していく中において、世界中にいるアウトソーシンググループの全員が共有できる経営理念に変更するに至りました。

新しい経営理念は、この先アウトソーシンググループは世界中の様々な国のいろいろな人々とかかわりを持ち、成長してまいりますが、われわれと縁を持った世界中の全ての人がアウトソーシンググループで働くことで人生が豊かになり幸せを感じていただくことに全力を尽くすこと、それがわれわれの存在意義であり社会的責任であること、そしてその結果をアウトソーシンググループの成長につなげることを強く意識したものです。