zz株式会社アウトソーシング
100-0005
東京都
千代田区
丸の内1-8-3

経営理念

労働格差をなくし、生き甲斐が持てる職場を創出することで、世界の人々の人生を豊かにする。


代表取締役会長兼社長
土井 春彦

当社は2020年8月に経営理念を一新いたしました。

普通、企業が経営理念を変えるということは稀ですが、旧経営理念は1997年の創業当時、日本国内だけで、しかも製造業だけを対象に事業をおこなっており、その事業の枠の中の経営理念であり、今のわれわれの姿を想定したものではありませんでした。

現時点で、アウトソーシンググループは世界34の国と地域に198の連結会社があり、このグローバル体制は今後さらに強化していく中において、世界中にいるアウトソーシンググループの全員が共有できる経営理念に変更するに至りました。

新しい経営理念は、この先アウトソーシンググループは世界中の様々な国のいろいろな人々とかかわりを持ち、成長してまいりますが、われわれと縁を持った世界中の全ての人がアウトソーシンググループで働くことで人生が豊かになり幸せを感じていただくことに全力を尽くすこと、それがわれわれの存在意義であり社会的責任であること、そしてその結果をアウトソーシンググループの成長につなげることを強く意識したものです。

アウトソーシンググループの社会的責任及び存在意義

社会的責任への新たな取り組みについて

世の中の急激なグローバル化に伴う大きな変化の中で、人材サービス企業が社会から求められるもの、また、
果たす役割も大きく変わろうとしています。
私たちアウトソーシンググループでは経営理念の再定義を行い、私たちの事業活動が広く社会に還元される
仕組みを追求してまいります。


サステナビリティ方針

アウトソーシンググループでは、世界の様々な人々の「就業機会」と「教育機会」の創造を事業を通して 実現し、社会課題の解決と事業の成長、ステークホルダーへの貢献に、持続的に取り組んでまいります。

アウトソーシンググループSDGs宣言

当グループは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」、日本政府の「SDGsアクションプラン 2020」に賛同し、事業におけるSDGsの積極的な取り組み、ESGを重視した経営、国・地域に根ざした 社会貢献活動(CSR)を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

アウトソーシンググループは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、当グループの 『サステナビリティ方針』に基づき、持続可能な社会の実現に貢献することを誓い、2021年2月15日『SDGs宣言』を行いました


当グループのSDGsへの貢献

当グループは、経営理念として「労働格差をなくし、生き甲斐が持てる職場を創出することで、 世界の人々の人生を豊かにする。」と定めており、これは教育制度の充実により、グローバル 市場で求められる人を創出し、労働格差をなくすことによって世界中のすべての人々が自分の 将来設計を描き、そして、その人生を豊かに歩んで欲しいという願いを込めております。 その為、この障害となる社会問題の解決そのものが当グループにおける事業の本質であるという ことを強く認識し、世界の様々な人々の「就業機会」と「教育機会」の創造、更には技術と 教育の力で一人一人の生産性を向上させることで、人々の暮らしを豊かにすることに努めます。 これにより、国連が提唱する以下の目標を重要課題として、取組みを進めてまいります。